【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

ショートスリーパーとロングスリーパー

ショートスリーパーとは、1日の睡眠時間が6時間以下で、
日常生活に支障のない状態の人のことをいいます。
反対に、9時間以上睡眠時間が必要な人のことを、
ロングスリーパーといいます。
そして、その中間である1日の平均睡眠時間が、
6時間から9時間の人のことを、バリュアブルスリーパーといいます。

 

そこで、時間を有効に使いたいからと言って、ロングスリーパーの人が、
いきなりショートスリーパーになろうとしても、体に無理が生じるでしょう。
しかし、眠り方のコツを身につけることによって、
ある程度、眠りをコントロールすることは可能です。
そして、ショートスリーパーの人は、
効率よく質の良い睡眠をとっているので、それを見習えば、
今より睡眠時間を減らしたとしても、現在と同程度か、
それ以上の睡眠による回復が望めることでしょう。

 

その1つとして、朝の目覚め方も重要です。
日によって、目覚めの良いと感じる時と、悪いと感じる時がありませんか?
そして、それが必ずしも睡眠時間の多さと、
一致していないのではないでしょうか。
これは、起きるタイミングによって、目覚めの良さが変わってくるためです。
できるだけ、レム睡眠のタイミングで起きると、目覚めが良くなります。

 

このように、睡眠時間を少し減らしても、起きるタイミングで、
すっきりとした朝を迎えることも可能です。
こうして、睡眠のコツをつかむことで、
ショートスリーパーに近づく方法もあります。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!