【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

短眠による弊害

短時間睡眠による弊害は、全くないわけではありません。
ショートスリーパーの人には、
ほとんど眠らなくても平気という人もいらっしゃいます。
そういう方は、効率の良い睡眠がとれており、問題はありません。

 

しかし、自ら睡眠時間を減らすことで体を慣らし、
必要にせまられショートスリーパーになった人は、
日中などに、急に眠気が襲ってくることがあります。
もし、あなたの仕事が、車の運転をする仕事や、
工事現場や工場などで機械を扱う仕事などであれば、
眠気が原因で怪我や事故を起こしたり、
最悪のケースとしては、命の危険にさらされることにもなりかねません。
ですから、日中の仕事内容によっては、
ショートスリーパーになることが弊害となります。

 

そういった状況にならないためには、短眠にする際、
いくつか気をつけなければなりません。
その中でも、特に重要なのが、睡眠の質を落とさないことです。
まず、人にとって必要な睡眠量は異なります。
それは、一晩に必要な睡眠量は、睡眠の質と睡眠時間を、
掛け合わせたものだからです。
ですから、睡眠の質が良ければ、睡眠時間が短くても、
日中も元気に過ごせます。

 

それでは、睡眠の質を向上させるためには、
どういったことに気を配れば良いのでしょうか?
そのためには、日中できるだけ体を動かすことを心がけましょう。

 

そして、夕食は、できるだけ早めに済ませておきましょう。
寝る2〜3時間前には、済ませておくことが大切です。
また、カフェインやニコチンなどの覚醒作用のあるものは、
寝る前に摂取しないことをお勧めします。
こういったことに気を配ることで、睡眠の質を向上させることが可能です。
睡眠時間を多くとることができない人は、質を上げることで補いましょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!