【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

短眠の効能

睡眠時間が短くなることによる効能は、何といっても、
自由時間が多く確保できるようになることです。
時間が足りないために、今日したいことを明日に回したり、
こうして、時間がずれこむことによって、
あきらめなくてはならないことが出てきて、不満に感じた経験は、
誰にでもあることでしょう。

 

時間を確保する方法として、起きている間に、効率よく物事を進めたり、
移動時間などの細切れの時間を、上手く使うなどの工夫で、
ある程度自由な時間を手に入れることも可能です。

 

しかし、短眠にして、一日の活動時間の絶対量が増えるというのも、
魅力的ですよね。
そして、短眠による効能は、自由時間の確保だけではありません。
体のためにも、長すぎる睡眠時間よりも、睡眠の質さえ落とさなければ、
短時間睡眠のほうが、良いというデータがあります。

 

まず、長時間睡眠の問題点として、長時間睡眠に体が慣れ、習慣化すると、
熟睡できず、睡眠の効率が悪くなります。
そうすると、寝起きが悪く、疲れが取れない状態になります。
そういった状態が続くと、また、睡眠が足りないのではないかと感じ、
さらに長く寝るようになり、悪循環に陥ります。

 

また、このように睡眠時間が長くなりすぎると、
脳を使用しない時間が長くなるため、
脳の働きが悪化し、自律神経の働きも鈍くなります。
さらに、体も動かさない時間が長いため、筋肉も衰えます。
そういった状況を作らないためにも、長すぎる睡眠は避けた方が良いでしょう。

 

そして、実際、短眠の人と、長時間睡眠の人のノンレム睡眠の時間は、
あまりかわらないという事実があります。
それであれば、時間を有効に使えた方がいいですよね。
そのためにも、短時間で効率の良い睡眠法をマスターしましょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!