【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

ショートスリーパーの人の性格

ショートスリーパーの人の性格として、明るく活発、楽観的、
そして、睡眠時間が少ないにもかかわらず、
元気という方が大半をしめています。
そして、好奇心も旺盛で、活動的なため、多趣味の方も多くなっています。
また、社交的なため、友人と飲みにいったり、遊びにいったりと、
生活の中で、実際多くの時間を必用としていますよね。

 

ちなみに、ロングスリーパーの人は、
ショートスリーパーの人と反対の要素を多く持ち、
内向的で、思考型のタイプの人がほとんどです。
そして、ストレスもためやすい気質になります。
睡眠時間による性格の違いを表すと、こういった傾向がありますが、
性格と睡眠時間に、どういった因果関係があるのでしょうか。

 

それは、これらの性格の違いによって、脳の疲れ方が異なるためです。
ショートスリーパーの人が、脳の疲労度が軽いのに対して、
ロングスリーパーの人は、脳の疲労度が高くなります。
ですから、ロングスリーパーの人は、睡眠中に脳の疲労回復をするために、
多くの時間を必要とします。

 

ショートスリーパーの偉人として、ナポレオンやエジソンがあげられ、
ロングスリーパーには、アインシュタインがいますが、
前者が実業家タイプであるのに対して、後者は、芸術家タイプです。

 

このように、性格によって脳の疲労度も変わり、
その結果、睡眠時間にも影響してきます。
人の性格を変えることは難しいですが、
もし、少しでも脳の疲労度を減らしたいと考えているなら、
ストレス解消法を見つけることでも、
脳の疲労度を軽減させることが可能でしょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!