【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

寒い季節の短時間睡眠法

寒い季節は、手足の冷えによって眠れないと悩む人が、
多くいらっしゃいます。
体が冷えてしまうと、血流が悪くなり、
体から熱を放出することが困難になります。
だからといって、暖房をつけっぱなしで眠ると、のどを乾燥させてしまい、
粘膜を傷つけ、風邪をひきやすくなる可能性も高くなるので、
注意が必要です。

 

ですから、冬場に関しては、寝る前に、体の芯を、
しっかり温める必要があります。
そのためには、寝る前に、ゆっくりお風呂につかることが大切です。
そして、適度な運動をして、体を温めましょう。
また、夕食で、鍋など体の温まる食事をすることも効果的です。

 

体を温めてくれる食材の見分け方としては、冬が旬の食材や、
寒い地方でとれる食材であることです。
そして、根菜類やイモ類のように、土の中にできる食材が、
体を温めるのに効果的です。

 

主な食材としては、穀類や豆類でいえば、もち米や小豆、
黒豆がお勧めです。
そして、野菜であれば、人参、れんこん、かぼちゃ、長ネギ、
にら、生姜、サツマイモなどです。
果物では、杏子やさくらんぼ、栗やくるみになります。
その他、紅茶や赤ワイン、日本酒、山椒、唐辛子、わさびなども、
体を温める効果が期待できます。

 

このように、冬場は、体の芯を温め、夜中にトイレに行ったり、
寝付きが悪くならない工夫をし、短時間睡眠法を実行すると良いでしょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!

寒い季節の短時間睡眠法関連ページ

食事
運動
入浴
呼吸
疲れ
暑い季節の短眠術