【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

暑い季節の短眠術

夜間の最低気温が25度以上のことを熱帯夜といい、
近年、ヒートアイランド現象などで、この熱帯夜の日が増えています。
もともと日本の夏は、湿度が高く、眠りにくい環境ですが、
最近は、熱帯夜が多くなり、ますます、夏場の睡眠環境は悪化しています。

 

だからといって、夜の間クーラーをつけっぱなしにして眠ると、
冷え過ぎてしまい、体がだるくなったり、
体調を崩してしまうことも考えられるので、注意が必要です。

 

そこで、暑い季節にできるだけクーラーに頼らず、
睡眠の質を落とさずに済む短眠術を紹介します。
そのためには、寝室の環境を整えることをお勧めします。
まずは、ベッドの位置を朝日が入る東の窓から少し離しておきましょう。
そして、厚めのカーテンをすることで、暑さを防ぎます。

 

また、寝具を、麻などの吸湿性の良いものに変えて、
湿気をとるようにします。
夏場の部屋は、もともと湿度が高くなっていますが、
睡眠中に汗をかくことで、ますます湿度が高くなります。
そうすると、寝返りの回数が増えたり、寝苦しくなって、
睡眠の質が悪くなります。
そういった状況を避けるためにも、湿度を高めない工夫が重要です。
観葉植物を部屋に置くことも、湿度調節には役立ちます。

 

あとは、暑さを緩和するための安眠グッズを利用することも、
お勧めします。
最近は、ひんやりしたマットや、
体温を感知して温度調節してくれる抱き枕など、
暑い季節に眠りやすいアイテムが、たくさんあります。
こういった工夫をすることで、夏の間、疲れやすさを感じることもなく、
夏バテから身を守ることができるでしょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!

暑い季節の短眠術関連ページ

食事
運動
入浴
呼吸
疲れ
寒い季節の短時間睡眠法