疲れ

MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

疲れ

睡眠の意味とは、疲れをとることが目的です。
ですから、日中、ある程度の疲れがないと、寝付きが悪くなるので、
適度な疲れは、熟睡するために必要な要素です。
そして、この適度な疲れは、日中、積極的に身体を動かすことで、
得ることができます。
また、その疲れは、体と脳の両方のバランスが取れていると、理想的です。

 

そのため、仕事の内容がデスクワークで、日中ほとんど体を動かさない人は、
仕事が終わった後にでも、体を動かすと良いでしょう。
そして、この適度な運動は、ストレス解消にもなります。
質の良い睡眠のためには、ある程度の疲れは必要だと言いましたが、
過度の疲れは、かえって睡眠の質を落とす原因となります。
不眠症で悩む人も、ストレスや過労が原因の方も、
たくさんいらっしゃいます。

 

もし、運動が苦手だという人であれば、軽いウォーキングでも構いません。
夕食後に、近所を散歩するだけでも違います。
そして、寝る前にストレッチをすることも効果的です。
5分から10分程度のストレッチであっても、手足の血流が良くなり、
体をほぐすこともできます。
あとは、リラックスできる時間を持つことです。
読書をしたり、好きな音楽を聴くなど、
自分がリラックスできる状態を確保しましょう。
このように、適度な運動とリラックスで、その日のストレスを解消し、
スムーズに眠りに就くことで、熟睡できることでしょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!