入浴

MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

入浴

寝る前にお風呂に入り、体を温めることは、スムーズな眠りのために、
非常に役立ちます。
入浴するタイミングは、眠りたいと思っている時間の、
1時間前に入浴を済ませておくと、ちょうど眠る頃に、
心地よい眠気がくることでしょう。

 

そこで、入浴の効果をさらにアップさせるために、
いくつか気を配ることがあります。
まず、お湯の温度は、38度〜40度に設定し、
あまり熱くなり過ぎないように心がけましょう。
そして、10分〜20分の間、ゆっくりつかることがポイントです。

 

なかには、熱いお風呂が好きな人もいますが、熱い温度であれば、
長く入ることが難しく、短時間の入浴になると、
体の表面温度は温かくなりますが、体の芯までは温まりません。
そして、熱過ぎるお湯では、交感神経が働いてしまい、
反対に目が覚めてしまうことも考えられます。
ですから、ある程度長く入っていても、
負担のかからない温度であることが重要です。

 

もし、時間にゆとりのある日があれば、ぬるめの温度で、
30分程度半身浴をするのもお勧めです。
半身浴であれば、比較的長い時間湯船につかっていても、
心臓への負担もかからず、デトックス効果も期待できます。
そして、美肌効果やダイエット効果もあるので、女性はもちろん、
メタボを気にする方にも、嬉しいことですよね。

 

このように、就寝前の入浴で、体の芯まで温めることによって、
心地よい眠りに就くことが可能です。
冬場の体が冷える季節は、シャワーだけでなく、
湯船にしっかりつかる習慣をつけましょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!