【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

短眠と小食の関係性

ショートスリーパーになるための方法の1つとして、
食事の量をコントロールすることも効果的です。
そして、ただ量を減らし、小食にするだけでなく、食べる時間帯や、
食べ方にも、ちょっとしたコツがあります。

 

食事は生きていくために、非常に重要なことでもありますが、
それと同時に、消化には、多大なエネルギーが使用されます。
食べ物が消化されるまでには、およそ3時間かかります。
ですから、寝ている間に胃腸を休めるためには、
夕食は、寝る3時間前には済ませておきましょう。

 

それでは、食事の量を減らすとともに、
どういった点に気をつけると、さらに効果的なのでしょうか。
まずは、夜食や間食をやめることから始めてみましょう。
これだけでも、胃腸の疲れを軽減できます。

 

そして、食事中に、水分を控えることもポイントです。
食事中にお酒や水分をとることによって、消化液がうすまってしまいます。
そうすると、十分な消化ができなくなってしまいます。
なかでも、アルコールのとり過ぎは、内臓を疲れさせます。
お酒を飲んだ次の日には、体がだるく、
頭もすっきりしないという経験を持つ人は、多いことでしょう。
あとは、野菜や果物を多めに食べ、肉や魚の量を減らしましょう。

 

このように、食事量を満腹でなく、小食にすることで、胃腸の負担を軽くして、
短時間でも質の良い睡眠をとり、健康体を目指しましょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!