【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

睡眠時間が短くても元気な人

あなたの周りにも、睡眠時間が少ないのに、日中、
元気いっぱいの人がいらっしゃいませんか?
ショートスリーパーの特徴のところでもお話ししましたが、
ショートスリーパーの人は、睡眠の効率が非常に良く、
短時間睡眠でありながら、十分な睡眠時間をとっている人と同じように、
日中も、脳の働きも良く、活動的で疲れていません。

 

その睡眠の効率が良い理由の1つとして、ストレスをためにくい性格で、
精神疲労も少ないためです。
睡眠は、脳や体を回復するのが目的なので、
このように、脳の疲労感も少ない人は、
疲労回復のための睡眠時間も少なくて済みます。
そして、睡眠の効率の良さと、集中力も関係しているといえるでしょう。

 

そうはいっても、そうでない人が、急に性格を変えることも困難でしょう。
しかし、ちょっとした工夫で、ストレスを解消でき、
幸福感や爽快感を感じやすくすることは可能です。

 

それは、ウォーキングやランニングを生活の中に取り入れることです。
人は、ランニングを15分から20分継続していると、
脳の中で、βエンドルフィンというホルモンが分泌されます。
そうすると、幸せな気分を感じることができます。
これは、ランニングハイという言い方もしますが、脳内麻薬ともいわれ、
モルヒネの150〜200倍の効果があるといわれています。

 

これらのホルモンを積極的に分泌する1つの方法として、
こういった方法があります。
もし、運動が苦手であれば、イメージトレーニング瞑想でも、
同様の効果が得られます。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!