ショートスリーパーになる方法

睡眠時間を短縮するためのコツやメリット、また、元気なショートスリーパーになるための方法を教えます。

 

ショートスリーパーになる方法記事一覧

最初に、睡眠時間を短縮する前に、自分にとって、心身ともに調子の良い睡眠時間を知ることから始めましょう。睡眠時間は、何となくイメージで、7時間から8時間とることが、体に良いというイメージがありますが、本来は、そういった基準はありません。そこで、まず、2週間程度お試し期間として、睡眠時間とその日の体調、日中の眠くなる時間帯など、記録をつけてみましょう。こうして、客観的に自分の必要な睡眠時間を知ることで...

それでは、ショートスリーパーになるための、具体的な訓練法を紹介します。まず、睡眠を減らす時は、少しずつ減らすことが大切です。結果を急ぐあまり、急に睡眠時間を削ってしまうと、起きている間、頭の働きが悪くなったり、体調を崩してしまう可能性も考えられます。そして、ダイエットと同様、短時間で行ったものは、元に戻りやすくなります。そのためには、起きる時間は一定にして、夜寝る時間を15分〜30分ずつ遅くしてい...

短時間睡眠になるための方法は、たくさんあります。その中には、実行することが大変なものや、困難であるものもあります。そこで、ここでは、比較的取り組みやすい、ショートスリーパーになるためのコツを紹介します。それは、口癖によって、短時間睡眠を叶える方法です。人は、自分でも気がつかないうちに、口癖になっている言葉があります。それが、疲れたとか、ストレスが溜まっている、めんどくさいなど、ネガティブな言葉も含...

3時間睡眠のメリットとして、まず考えられるのが、レム睡眠時に目覚めることができることです。レム睡眠時は、眠りが浅く、目覚めがよくなります。4時間睡眠で、ノンレム睡眠時に目覚めるより、3時間睡眠でレム睡眠時に起きる方が、一日の始まりもスムーズで、起きてからすぐに頭がすっきりとしていて、活動しやすくなっています。その理由や詳細は、眠りのメカニズムのところに記してあるので、そちらで確認してくださいね。そ...

あなたの周りにも、睡眠時間が少ないのに、日中、元気いっぱいの人がいらっしゃいませんか?ショートスリーパーの特徴のところでもお話ししましたが、ショートスリーパーの人は、睡眠の効率が非常に良く、短時間睡眠でありながら、十分な睡眠時間をとっている人と同じように、日中も、脳の働きも良く、活動的で疲れていません。その睡眠の効率が良い理由の1つとして、ストレスをためにくい性格で、精神疲労も少ないためです。睡眠...

ショートスリーパーになるための方法の1つとして、食事の量をコントロールすることも効果的です。そして、ただ量を減らし、小食にするだけでなく、食べる時間帯や、食べ方にも、ちょっとしたコツがあります。食事は生きていくために、非常に重要なことでもありますが、それと同時に、消化には、多大なエネルギーが使用されます。食べ物が消化されるまでには、およそ3時間かかります。ですから、寝ている間に胃腸を休めるためには...

ショートスリーパーになるための簡単な方法は、生活習慣の見直しです。私たちは、日頃何気なくしていることが、睡眠の質を落としていることがあります。それらの生活習慣を少し見直すだけで、熟睡でき、そうすることで、短時間で疲れをとることが可能になります。なかでも、効果を発揮するのは、朝起きた時と、寝る前です。ですから、この時間帯の行動に、特に目を向けてみましょう。まず、朝起きた時に気を配ることは、朝日を浴び...

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!