【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

眠りとホルモンの関係

人の体には、眠りを促すホルモンとして、メラトニンという物質があります。
そして、このホルモンは、脳の松果体で分泌され、
その場所で、その分泌量をコントロールしています。
そこで、メラトニンの分泌量が少ないと、寝付きが悪くなったり、
眠りが浅くなったりします。

 

それでは、どのようにすればメラトニンの分泌量を、
増やすことができるのでしょうか?
メラトニンの分泌量と太陽の光には、密接な関係あります。
そして、メラトニンは、太陽の光を浴びて、
約15時間たってから分泌されるホルモンです。
そのため、朝起きた時に朝日を浴びると、
ちょうど眠りにつくころメラトニンが大量に分泌され、
スムーズに眠りに就くことができます。

 

また、このメラトニンの分泌量は、年齢とも関係しています。
年齢を重ねるごとに、分泌量が減少してきます。
お年寄りが、夜中に目が覚めたり、眠りが浅かったり、
短時間しか眠れないのも、このためです。
ですから、こういった悩みを抱えているお年寄りに、
人工的にメラトニンを投与すると、よく眠れるようになります。
しかし、残念ながら日本では、メラトニンの製造や販売が禁止されており、
個人輸入でしか手に入れることができません。

 

このように、質の良い睡眠をとるためには、このメラトニンの分泌を、
良好にすることが大変重要です。
もし、寝付きが悪かったり、眠りが浅いと感じる人は、
まず、朝日を浴びることをお勧めします。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!