【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

アルコールと眠りの質

アルコールを摂取したあと、眠くなった経験のある人は、
多いのではないでしょうか。
そのため、なかなか眠れない日には、お酒を飲むことによって、
眠りやすくしている人もいらっしゃいます。
実際、アルコールには、寝付きをよくする効果が、期待できます。

 

その理由として、アルコールを摂取すると、人の体は、
その後しばらくの間、体温が下がります。
そして、体温が下がると、人は眠くなるので、眠りやすくなります。
しかし、ある程度時間が経過し、アルコールが分解されてくると、
アルコールは、アセトアルデヒドという物質に変化します。
そして、このアセトアルデヒドは、交感神経を刺激してしまいます。

 

睡眠中は、副交感神経が働いている状態ですが、
交感神経が働き始めると、心拍数が上昇したり、
体温が上がり、眠りが浅くなってしまったり、
時には、目覚めてしまします。
お酒を飲んで寝た時、しばらくして目が覚めてしまったり、
いつもより早く目覚めたことはありませんか?

 

このように、寝酒をすると、寝付きがよくなり、
なかなか眠れない人にとっては、お酒に頼りたくなる気持ちもわかりますが、
結果的には、睡眠の質を下げてしまうことになります。
そして、睡眠の質を下げてしまうと、疲れが取れにくく、
日中眠くなったり、脳の働きが悪化します。

 

こういった状況にならないためには、お酒の飲み方に工夫が必要です。
そのためには、できるだけ、就寝2〜3時間前までに、
お酒を飲み終えることを心がけましょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!