【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

自律神経の切り替え

ショートスリーパーになるためには、睡眠の質を上げることが重要です。
そして、この睡眠の質を良好にするためには、
自律神経の切り替えを上手くする必要があります。

 

自律神経には、交感神経と、副交感神経があります。
まず、交感神経は、人が活動しているときに働き、
この神経が優位に働いているときは、
心拍数が上昇し、体温も上がります。
そして、副交感神経が働くのは、人がリラックスしているときで、
主に、食事の時や排泄時、睡眠中に働きます。
また、その時は、心拍数が減少し、体温も下がります。

 

この2種類の神経は、一方が働いているときは、
もう一方は休むというように、交代で働いています。
そして、これらの神経は、自分の意思でのコントロールは不可能で、
この自律神経の切り替えが上手くいかないと、
自律神経失調症などを引き起こします。

 

こういった症状が出る原因は、ストレスや、不規則な生活、
食生活の乱れなどが考えられます。
また、自律神経の働きが乱れることによって、睡眠にも影響があります。
それは、睡眠時の環境を整えているのが、
副交感神経の働きによるものだからです。
睡眠時に、副交感神経が働くことにより、眠りやすく、
質の良い睡眠が可能になります。

 

ですから、短時間睡眠で健康を維持するためには、
これらの神経の働きや切り替えをスムーズにすることが大切です。
そのためにも、規則正しい生活とバランスのとれた食生活、
ストレスの解消法なども身につけておきましょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!