【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

体内リズム

人は生まれながらにして、体内時計を持っています。
そして、その体内時計の働きは、
視床下部の視交叉上核でコントロールされており、
この体内時計が正常に働くためには、
毎日、体内時計をリセットする必要があります。

 

例えば、海外旅行などで時差ボケを経験したことはありませんか?
これは、他の国を訪れたことで、今までの日照時間や生活リズムが異なるため、
体が順応できていない状態です。
本来、太陽が昇る頃だと体内時計が感じているのに、暗いままであったり、
そろそろ眠る時間であるはずなのに、起きている状態なので、
体内時計が困惑してしまうのです。
これは、夜更かしなどで体内リズムがくるっているときも、
同じ状態になります。
そして、このような状況のもとでは、体内時計が正常に働かなくなり、
ホルモンバランスが崩れたり、
体調の悪化を招いてしまうことも考えられます。

 

それを予防するためには、体内時計をリセットする必要があります。
その方法は、毎朝起きた時に、太陽の光を浴びることです。
実は、体内時計は地球の自転サイクルである24時間周期より少し長く、
約25時間周期になります。
そのため、毎日体内時計をリセットしなければ、
寝る時間や起きる時間が少しずつ遅くなってしまいます。
ですから、毎日決まった時間に睡眠をとりたい場合、このように、
体内時計をリセットして、体内リズムに合わせる必要があります。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!