MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

枕の高さや形状によっても、睡眠の質は変わってくるので、
選ぶときには、慎重に選ぶ必要があります。
そうはいっても、選ぶときに、どこを見たら良いのか悩むところですよね。
そこで、枕選びのチェックポイントについて説明します。

 

枕を選ぶときに大切なポイントは、高さ、硬さ、吸湿性、
放熱性になります。
まず、枕の高さは、寝ているときに、立っているときと、
同じ姿勢が保てるものを選ぶことです。
枕の上に頭を乗せた時、首やあごあたりに、横ジワが入るようであれば、
高さがあっていません。
そして、高さがあっていないと、疲れが取れにくくなるだけでなく、
肩こりの原因ともなってしまうので、注意が必要です。

 

また、枕の硬さは、寝返りを打ったときに、枕の中身が偏るものは、
避けた方がよいでしょう。
そういったものは、頭を上手く支えることができません。

 

あとは、吸湿性や放熱性も、チェックする必要があります。
まず、吸湿性が悪いと、快適な睡眠は望めません。
特に、夏場の湿度が高い時は、吸湿性が重要です。
そして、放熱性も良くないと、首や頭のまわりに、
熱がこもってしまいます。
こういったことは枕を選ぶとき、見落としがちですが、
眠る時は、頭部は温めない方が熟睡できるので、
放熱性にも気を配りましょう。

 

このように、自分にあったものを選ぶことは、熟睡するためには、
欠かせない要素です。
マットレス同様、色々試したうえで、ピッタリくるものを慎重に選びましょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!