【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

睡眠導入剤

なかなか眠りにつけなかったり、途中で目が覚めてしまうことが続けば、
日中も頭がぼーっとしたり、突然睡魔に襲われてしまうこともあるでしょう。
そして、それが継続すると、作業効率が落ちるだけでなく、
病気になったり、命の危険を招いてしまうことも考えられますよね。

 

そういった状況を引き起こす前に、睡眠導入剤を使用して、
睡眠の質を安定させる方法もあります。
不眠症には、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、塾眠障害があります。
そして、さまざまなタイプの睡眠導入剤があり、
症状によって、使用する睡眠導入剤の種類も異なります。

 

そして、睡眠導入剤は、基本的には、医師の処方のもと、
手に入れることになります。
しかし、一時的に眠れないケースや、軽い症状であれば、
薬局で手に入る睡眠改善薬でも、効果はあります。
主な市販の睡眠改善薬として、ドリエルやナイトール、ドリーネン、
マイレストなどがあります。

 

また、こういった睡眠改善薬を使用するときは、
いくつか気をつけなければならないことがあります。
まず、自己判断で、使用量を変更させてはいけません。
そして、アルコールと一緒に服用することは避けましょう。
また、当然のことですが、服用後に、車の運転などをしないようにしましょう。

 

このように、睡眠導入剤を用いることで、質の悪い睡眠から解放され、
睡眠時間が短くても、質の良い深い眠りを得ることはできますが、
根本的に、不眠の原因が解消されたわけではありません。

 

これらの方法は、対処法でしかなく、
不眠を引き起こした原因と向きあうことが大切です。
こういった体のサインを見逃していると、
あとで、取り返しのつかないことになる可能性も考えられます。
体のためにも、不眠の根本的な原因を解消し、薬を必要としなくても、
体にとって必要な睡眠がとれるようになることをお勧めします。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!

睡眠導入剤関連ページ

サプリメント
マットレス