【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

アロマテラピー

スムーズな眠りに就くためには、リラックスする必要があります。
しかし、その日の体調や、その日あった出来事によっては、ストレスを感じ、
リラックスできる状況ではないことも、考えられます。
そういった時は、アロマテラピーを取り入れることによって、
気持ちを落ち着け、眠りやすくすることが可能です。

 

なかでも、ラベンダーは、脳内をα波にする効果があり、
眠れないときに使用する精油として、人気のある香りです。
オイルの使い方は、アロマポットやアロマライト、アロマキャンドルなど、
さまざまな方法がありますが、簡単な方法としては、
ラベンダーの精油をティッシュに含ませて、枕元に置いておくと効果的です。
また、ローマンカモミールやサンダルウッド、ベルガモット、クラリセージでも、
同様の効果が得られます。

 

そして、リラックスしたい時は、スペアミントやレモングラス、
ゼラニウムがお勧めです。
その他、疲労回復には、ペパーミントやローズマリーが効果的ですが、
これらの精油は、覚醒作用があるので、眠る前というよりは、
目覚めをすっきりさせたい時に使用するとよいでしょう。

 

このように、嗅覚を刺激することで、脳をリラックスさせたり、
心地よい眠りに導くことが可能です。
そして、香りは、それぞれ個人的な好みもあり、苦手な香りを使用すると、
効果も出にくくなるので、用途に応じたものであると同時に、
好みに合ったものを選ぶことが大切です。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!

アロマテラピー関連ページ

温度と湿度
音楽
照明