照明

MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

照明

就寝前の照明に関しても、気を配る必要があります。
すでに、他のタイトルの中でもお話しましたが、
スムーズな眠りに就くためには、
メラトニンをたくさん分泌することが大切です。

 

しかし、せっかくメラトニンが大量に分泌されようとしていても、
蛍光灯のような強い光を浴びていると、
メラトニンの分泌が妨げられることになります。
それを予防するためには、まず、夜になって、コンビニやスーパーなど、
人工的で強い光のある場所を、訪れないようにすることです。

 

そして、家の中でも、寝る少し前から、寝室だけでなく、
リビングなどの照明を少し落として、光を弱めておくことが大切です。
可能であれば、寝る一時間前くらいから、
間接照明に切り替えることをお勧めします。

 

その際、間接照明には、白熱灯の光がふさわしいでしょう。
そうすることにより、副交感神経の働きを促すこともでき、
穏やかな光は、リラックス効果も期待できます。
そうすることで、脳波も、ベータ波からアルファ波に、
スムーズに移行できます。

 

また、テレビやパソコンなど、強い光を出すものも、避けることです。
ですから、寝室にテレビを置いたり、寝る前にパソコンなどを使うことは、
質の良い睡眠をとるためには、やめておく方が無難です。

 

このように、就寝前に光の種類や強さに気をつけることによっても、
睡眠の状態をよくすることは可能です。
できるだけ、柔らかく、刺激のない照明で、快眠を手に入れましょう。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!