【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

温度と湿度

短時間睡眠をとる場合、睡眠の質を向上させる必要があるということでしたね。
そこで、睡眠の質を上げる方法の1つとして、
寝室の温度と湿度を、快適に保つ必要があります。

 

まず、睡眠中の快適な室温は、20℃〜22℃になります。
例えば、25℃以上になり、室温が高くなりすぎると、
体温が下がりにくくなります。
そうすると、スムーズに眠りにつけなくなってしまいます。
これは、夏場の暑いときだけでなく、
冬場に暖房を効かせ過ぎても、同じことになるので、注意が必要です。

 

そして、人によっては、冷え性で、
寝るときに靴下をはいて寝る人もいますが、
これも、体温調節を阻害してしまうため、
できるだけ体温を温めることを心がけ、靴下を履いたまま眠ることは、
やめておいた方が良いでしょう。

 

このように、部屋の温度が快適に調節できたら、
次は、湿度に関しても、気を配ることをお勧めします。
日本の気候は、夏は湿度が高くなり、冬になると湿度が低くなります。
梅雨や夏場など、部屋の室温が高くなりすぎると、
蒸し暑くなり眠りにくくなります。
そして、冬になれば、湿度が低くなり、喉や粘膜を傷めたり、
風邪をひきやすい環境になります。

 

こうした状況を避けるためには、部屋を換気して、
加湿や除湿をすることが大切です。
最近は、さまざまなタイプの空気清浄機も出ているので、
それらを上手く取り入れることもお勧めします。


 

 

わずか4ステップであなたもショートスリーパーに!

温度と湿度関連ページ

音楽
照明
アロマテラピー